スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の番宣でもしてみるかEdition

アメリカンフットボールというスポーツは、団体競技です。
攻撃チームと守備チーム、そしてスペシャル・チームとそれぞれ独自の任務を持っています^^
それら各チーム内でも、各々与えられる役割をポジション毎に割り振られている特徴があります。

強いチームとはどんなチームなのかというと、

優秀なフロント陣:GM、スカウト等
優秀なコーチ陣:監督(HC)、攻撃・守備・スペシャル・コーディネータ、ポジション・コーチ等
タレンテッドな選手たちを多数スカウトできている。 よく訓練されている。 その他etc....
どのスポーツも共通ですが、有能な人材を集め、それらを機能させればいいわけです^^
どのチーム組織も有能な人材によって同じ事を目指しているのですが.....

かなり前からアナリストや解説者に指摘されて久しいですが、
「強いチームには、信頼できるLT(レフト・タックル)がいる」 というものがあります。
LTというポジションは、右利きのQB(攻撃時の司令塔役)の死角となるサイド
(ブラインド・サイド)を守る
という非常に重要な任務を与えられています。

LT_Titans


このLTが相手のパス・ラッシュ等をプロテクトできないと、自チームのQBが思ったような能力を
発揮できなくなったり、ブリッツ等でサックされたり(捕まっちゃうことです)、
最悪 怪我をしてしまう危険性まで高めてしまうということまで影響してきます。
どのチームも最盛期と言われた時代には、必ず優秀なLTがいますね^^

NE_LT


したがってどの組織も ”LT(レフト・タックル)”というポジションをとても重要視しており、
毎年ドラフトにおいても 1巡指名等上位で選ばれることが多いのです。
つまるところ、他から代役などが効かない”唯一無二”な役どころなわけです^^

すいません 長々と....^^;

今月20日から本場のあちらでロードショーが始まった映画の予告編です。
なんと実話です!
今年のドラフトにて、ボルティモア・レイブンズから一位指名されたマイケル・オアー選手がモデルです!

'The Blind Side' Trailer HD



映画化された巨漢Tオアーの驚愕エピソード

アメリカでは今月20日にボルティモア・レイブンズのオフェンスタックル(OT)マイケル・オアーを
モデルにした映画「ザ・ブラインド・サイド」が公開される。
NFLの新人選手が映画になるのは異例だが、オアーがNFL入りするまでの経緯を考えると
十分納得できるだろう。

オアーはテネシー州メンフィスの最も貧しい地区で、13人兄妹の1人として1986年に生まれた。
父親には会ったことがなく(高校2年時に殺されていた)、母はコカイン中毒という
劣悪な家庭環境だったため、勉学もままならず9年間で10回も転校し、
あげくホームレスまで経験する。

 そんなオアーに転機が訪れたのは高校2年のときだった。
私立高校のブライアクレスト・クリスチャンスクールに特例として入学を認められたものの、
雪の降る感謝祭の休日にTシャツと短パン姿で歩くオアーを見た
裕福な白人家族が彼を養子にすることを決心したのだ。

 こうして暖かな家と教育環境、そしてなにより最愛の家族を得たオアーは
同時にフットボールの才能も見いだされることとなる。
フットボールのプレイ経験はあったものの、しっかりとした指導を受けたことのなかった
オアーだったが、ブライアクレストでチームに入るやその体格と身体能力の高さを
一気に開花させたのだ。2005年には陸軍オール・アメリカンボウルに選出されている。

 そして奨学金を得て進学したミシシッピ大でも大活躍し、遂に今年4月のドラフトで
堂々の1巡23位指名をレイブンズから受けたのである。
当日指名直後、ドラフト会場のステージに登場したオアーが涙を浮かべて、
養父母たちと抱き合う姿は強く印象に残っている。(NFL JAPAN)


うううううむ おそらく....日本では公開されないか???

近年選手の大型化が著しくて、OL(オフェンスライン)しかもLTだと、
最低6フィート4~7インチぐらいないと選んでもらえないです^^;
CMに換算してみると、 1メートル95センチ以上!  2m近くてアスリートってすごいですね!


見たいなああ  無い物ねだりでした^^;





スポンサーサイト

Just the beginning



いよいよ 新シーズンの始まりです♪

タイタンズが殿堂試合制す、ビルズ“T・O”が新天地デビュー


現地9日、プレシーズン開幕週のホール・オブ・フェイム試合が行われ、テネシー・タイタンズが
対18でバッファロー・ビルズを降ろした。
なお、今季からビルズでプレイする“T・O”ことワイドレシーバー(WR)のテレル・オーウェンスは、
パス捕球2回、37ヤードの成績だった。

 2009シーズンが到来した。今年の殿堂試合は、アメリカン・フットボール・リーグ(AFL)
生誕50周年を記念して、オリジナルメンバーだったタイタンズとビルズが対戦。
両チームのメンバーは、復刻版のジャージでプレイした。 (NFL JAPANより)


懐かしの オイラーズ時代のヘルメットとユニフォームがなんともステキです^^

いやあ とうとう 始まってしまいました!
今年はどうなのさ? タイタンズさん?

なんかいきなり強烈なプレイで度肝を抜いてくれちゃったみたいっすね!


Titans vs Bills Punt Fake Crazy a must see




すごすぎです! こういうのはプレイオフとかチャンピオンシップ・ゲームまで
大事に取っておけばいいのに~ と思ったり、いやいやまだまだ凄いのがあるんだぞ!という
心理的プレッシャーを与え続ける効果があるかな?と思ったり^^

さあてと.... 応援がんばるぞう~♪


27S3月4週


ジェッツ、ブレット・ファーブを獲得

現地時間木曜日の早朝、ニューヨーク・ジェッツが、グリーンベイ・パッカーズから
トレードでQBブレット・ファーブを獲得したと発表した。
パッカーズは、交換に条件付きでドラフト4巡指名権を受け取る。
NFLネットワークのアダム・シェフターによると、交換条件はもし、ファーブがジェッツで
全体の50%以上に出場したらドラフト3巡指名権、全体の70%に加え
チームがプレイオフに進出すると2巡指名権、全体の80%かつスーパーボウル出場だと
1巡指名権にランクアップする内容だ。38歳のファーブは、3月に現役引退を発表するが、
先月になって現役復帰を宣言。
しかし、パッカーズは、すでにアーロン・ロジャースを先発QBに据える新しいチーム体制に
入っており、ファーブの居場所がない状態となっていた。
(NFL JAPAN)


うーむ ファーブは永遠のパッカーズ・ガイで終わって欲しかったな~
たしかにまだ2Sぐらいはやれるだろうけど.....
日本のメディアにも大々的に取り上げられているくらい、センセーショナルな事件です^^

おかげでペニントンがクビになっちゃいましたw 複雑な心境ではあります....






今日 HE会長の”鬼”さんが、フリレを立てられていたので、おじゃましようとしたら、
参加可能馬がいなくて、大恥をかかされました~ 
「3才でOPいないの~?」、「副垢は~?」  
いやはや 厳しい現実を突きつけられてしかいました^^;

続きを読む

NFL Tennessee Titans 関連


久しぶりに NFL テネシー・タイタンズの情報でもまとめてみます^^


タイタンズ、DTヘインズワースと長期契約に合意せず

 タイタンズ・ディフェンスの要を担っている選手ですからね~ これは痛いです。
この人の代わりが務まる選手って、そう簡単に見つからないです^^;
毎年金で揉めてるみたいなのと、少々怪我が多くてフルシーズン戦ったことがないというのが
ネックですね~  でも生え抜きの選手なので、うまく調整できればいいなあ^^

タイタンズ、Tスチュワートと複数年の契約延長

 オフェンス右タックルはこの人です。 まだ若いので当面の間このポジションは安泰ですね^^
フィジカル・アスリートだそうで、頼もしい存在です!
左のタックル・ポジションのマイケル・ルースが先に6年の長期契約にサインを済ませているので、
両タックル。ポジションは盤石となりました! 

TEクランプラー、新天地は理想的な環境

 アトランタ・ファルコンズをクビになってタイタンズへやってきました^^;
プロボウル4回出場と実績は文句なしです^^ あのマイケル・ヴィックのパスを受けてきての
実績ですから、ある意味非常に期待できるのではないでしょうか?

タイタンズのGオルソンが引退

 32歳のオルソンは、今季先発13試合出場。プロ入りの1998年から10年間タイタンズ一筋だった
彼は、キャリア通算で先発140試合を含む152試合に出場している。
1998年から2007年にかけて、NFLの中で彼よりも多くの試合に出場しているインサイド攻撃
ラインマンは、3選手しかいない。 
痛いです とても痛いです。 いぶし銀の活躍をしていた選手でした。

DEジェボン・カース、タイタンズに復帰

おかえりなさい! カース選手が古巣に帰って来ました! イーグルス時代は怪我で
苦しんでいたようで、不満の残るシーズンを送っていましたが、怪我から回復できてるのか?
この人のパスラッシュは凄かった。スーパーボウルへ行けた原動力の一部でした。


選手のINとOUTは落ち着いたようですが、マスコミはタイタンズに厳しい評価のようです。
AFC 南地区: 3位 という予想がほとんどですね^^;
パス攻撃が低調だったのに、抜本的なてこ入れができていない!ということを重視してますねw
ウチ的には攻撃コーディネータがノーム・チャウからマイク・ハイマージンガーに替わって、
かなり良い方向に変化があると期待していますが^^

プレイオフへ進出できるかどうか.... ヴィンス・ヤングQBの3年目にかかっています!

ああ待ち遠しい~

Vince Young  - InVINCEable  




NFL 日系選手 Haruki Nakamura - Ravens


今年のNFL ドラフト 日系?選手
ボルチモア・レイブンズ
から指名されてたんですね!

HARUKI NAKAMURA

6巡 (206) Haruki Nakamura, S, Cincinnati (5-10, 203)
 柔道コーチだった日本人の父とやはり柔道家だったアメリカ人の母の間に生まれたハーフ。
3年生だった2007年からシンシナティ大学の先発Sを務めた。アンダーサイズだが、
ボールに対する嗅覚は鋭いと評価される。
開幕ロースターに残るにはスペシャルチームで貢献することが必要。(生島浩氏ブログより)

             haruki_nakamura_01

             (写真:ボルチモア・レイヴンズHPより引用)

いやあ 嬉しいですよね♪ 
レイブンズのディフェンスは超強力で層が厚いので
デプスに残るのは並大抵の努力じゃかなわないかもしれませんが、頑張って欲しいです!
応援します!



Haruki Nakamura 2007 Football Highlights



映像を見る限り、これだけ活躍してれば 大学の英雄はおろか街のヒーローでしょうね!

Titans :  NFL DRAFT 2008

テネシー・タイタンズは、1位指名が24番目だったので、
今年はモンスター級選手はあきらめていたのですが.....

1位指名を RB に使いました^^;  そして指名したのが Chris Johnson 選手!

このチームは よくもまあ ”クリス”という RB ばかり選ぶんでしょうね^^; 

その Chris Johnson選手ですが、今年のドラフト候補(RB)では5~6番目評価のようですが、
なかなかどうして とんでもないスピードスターみたいです^^  (ハイマージンガー GJ!)


ECU's Chris Johnson Highlights: This is what 4.2 looks like



この能力がプロでも開花できるなら、タイタンズの未来は明るい!!
怪我だけは気をつけておくれ~

少し元気になりました^^

NFL スティーブマクネア 引退! NFL

McNair retires: 'Physically, I couldn't do it anymore'

ボルチモア・レイブンズQB (元テネシー・タイタンズ)
スティーブ・マクネア(Steve McNair) がついに引退を表明!!


スティーブマクネア


"'Physically, I couldn't do it anymore"
35才で13年間のプロ・キャリアに終止符をうつことになったんですね
マクネア選手は テネシー・タイタンズ(ヒューストン・オイラーズ)にドラフトされ、
新チームであったテネシー・タイタンズの初期を牽引した代表選手でした。

大学時代は強肩でロングパスを投げまくることから、"エア(Air)"マクネア
呼称されていました。
プロになって順調に育ち、たしか2年目から正QBを務めるようになり、そこからマクネア選手の
才能は一気に開花。 「モバイルQB」という機動力の高いQBとして、
スクランブルで走ってゲインできる能力は敵チームにとって脅威となりました。
絶体絶命のピンチを彼のランで何百回チームは救われたことか.....

マクネア選手を迎えたタイタンズは、1999-2000シーズン、とうとうスーパーボウルに進出
そこでラムズと歴史に残る接戦を繰り広げました。
逆転に次ぐ逆転   負けはしましたが劣勢の評判を覆す活躍を続け最後まで魅せました

その後もチームを再度スーパーボウルへ導くべく奮闘しましたが、それまでに蓄積された怪我
体中満身創痍となってしまいました^^;
TV観戦していると、人体図が表示され、怪我の箇所、手術した場所等が表示されていましたね
20カ所どころじゃなかったような気がします^^;

プロボウル選出数度、シーズンMVPも受賞した素晴らしい選手でした^^ お疲れ様!
怪我リスクの高いスタイルを一貫して続けた勇姿は忘れません!


Steve Mcnair

残念なことにTitans時代の映像が見つからず、レイブンズ時代のをアップしました^^;
いずれホールオブフェイムに選ばれて欲しいです!



NFL 2008 DRAFT


いよいよ今月末になりました NFLのドラフト^^

みんなが指名順を予想し、Mock Draft という形で公開しあい議論がヒートアップしていきますね^^
今年 1巡1位指名権は、マイアミ・ドルフィンズ、2位はセントルイス・ラムズ、
3位アトランタ・ホークスという順で、我がタイタンズは24番目です^^;

このドラフト指名順位というのは、プロになってからも評価面でついて回るもので、
下位指名選手はよほど活躍しないと、切り捨てられる厳しい世界です
でもドラフトで指名を受けるだけでも、たいへんな名誉だと思います

去年のNCAA(大学)ランキングは大接戦で、傑出した大学チームが不在だったこともあって、
群雄割拠の様相を呈している気がします^^; 

格チームがどんな人材を選択するのか楽しみですね~^^

2008 NFL DRFT : USA TODAY

↑ ここで紹介したサイトは、USA Today紙のもので、ドラフト候補500人のデータベースです。
 実に良くまとめられています^^ このリストをいじくりまわして ああでもないこうでもない と
 脳内妄想を掻き立てる時間が楽しくてしょうがありません♪


タイタンズには、有望なOL、DL オフェンス、ディフェンス・ラインの選手を獲得してほしいのですがw


2008 NFL Draft Picks



SUPERBOWL 第42回 ARIZONA



第42回スーパーボウルは、NYジャイアンツが勝利!


素晴らしい激闘でした。 

最後の最後まで「興奮」「感動」の連続と表現すれば良いのでしょうか?

ジャイアンツ、17年ぶり3度目のスーパーボウル制覇

 NFC王者のニューヨーク・ジャイアンツ対AFC覇者ニューイングランド・ペイトリオッツによる第42回スーパーボウルが、アリゾナ州グレンデールにあるフェニックス大学スタジアムでキックオフ。第4Q、逆転につぐ逆転という劇的な試合展開の末、ジャイアンツが17年ぶりのスーパーボウル制覇を成し遂げた。(NFL JAPANより)


第4Qの攻防はほんとに見応えありましたね~
イーライ・マニング(QB)が捕まったと思ったとき、もうダメだと思いましたが、
あそこからパスを通したのは重要な局面でした^^

レギュラー・シーズンでも対戦していたこともあり、両チームともお互いを調べ尽くして
ゲーム・プランを練ってきて素晴らしいプレイを展開できたんですが、
試合はロースコア・ゲームに持ち込んだジャイアンツの狙いどうりに推移しました
NYジャイアンツのディフェンス陣の踏ん張りが勝利に貢献したように思います

NEペイトリオッツは、レギュラーシーズンから無敗で記録を更新し続けてきたわけですが、
最後の最後で無敗記録を止められてしまいましたw 
NYジャイアンツはNFC第5シードから勝ち上がり、スーパーリングを手にしました^^
後半の快進撃はお見事でした!






NYジャイアンツのディフェンス・コーディネーター:Steve Spagnuolo氏の
サイドラインでの采配振りがとても印象的でした^^ 優秀なコーチ!

同じくジャイアンツのオフェンシブ・コーディネーターは、ケビン・ギルブライド氏^^
この人は昔ヒューストン・オイラーズの絶頂期(W・ムーン時代)に
オフェンシブ・コーディネーターとして活躍していました^^
オイラーズ時代あと一歩届きませんでしたが、とうとう夢を手に入れたんですね
個人的におめでとう!と祝福したいです♪


久しぶりに強烈な感動を受け、体がシビれてますわ^^

SuperBowl42




スーパーボウル♪




スーパーボウルが近づいてきましたね~

両チームともに既に現地入り(今年はアリゾナ開催)しており、最終調整に余念が無いようです

今回のスーパーボウルのチケットがえらいことになってるようです^^;
チケットの平均売買価格が現在(1週間前)$4600/1名だそうです!
元々の正規価格は$700と$900ですから.....
このままいくと直前ではどえらいことになりそうですね


興味のある方はこちらも ↓ どうぞ^^
ウチ的注目は、ジャイアンツ・ディフェンスがパイトリオッツのパス攻撃をどう封じてくるのか?
QBトム・ブレイディにどこまでプレッシャーをかけられるのか? です^^
レギュラー・シーズンでも対戦しており、きちっと対策できれば面白いのですがね
しかし相手は連勝記録更新中の”神懸かり”チームですから、並大抵のプランでは困難でしょう
  
ラスベガスのオッズでは、ペイトリオッツが12点差で勝利という予想が大勢を占めています

NEペイトリオッツ VS NYジャイアンツ データ分析 (NFL JAPAN)

続きを読む

プロフィール

フィッシャー

Author:フィッシャー
競馬伝説Live!:アスコット
馬主会: まんきんたん村 
好きな馬: Dancing Brave
ジジイのきわめて私的なブログ

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。