スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tenessee Titans テネシー タイタンズ Pt.1



Tennessee Titans テネシー・タイタンズ


テキサス州ヒューストンに本拠を構え、アストロドームで
ホームゲームを戦っていた「ヒューストン・オイラーズ」が
テネシーはナッシュビルへ移って、「テネシー・タイタンズ」と
チーム名も変更して再出発して今日に至っている。

オイラーズ時代は一度もスーパーボールまで勝ち進んだことが
なかった。ウオーレンムーンという優秀な黒人QBを迎えてから
チームはどんどん強化され、ラン&シュートという革新的な戦術と
ともにカンファレンス優勝やプレイオフの常連チームにまでなったのだが、
最後のところで運に見放され力尽きてばかりいた。

1999年ヒューストン・オイラーズ~テネシーオイラーズを経て
テネシータイタンズとなった。ヘッドコーチは1994年からUSC出身の
ジェフ・フィッシャーJeff Fisher が務めている。
(ウチは、尊敬してやまないこの偉大なHCから名前をいただいている)


そのタイタンズは早くも第1期黄金時代を迎え、2000年に念願のスーパーボウルに出場!。
先にロサンゼルスからセントルイスへ移った「セントルイス・ラムズ」との試合はスーパーボウルの歴史の中でもベスト3に入る好勝負、大接戦を演じて見せた。
最後の最後まで踏ん張り、ラストプレイのパスがあと1ヤード足りていたらという惜しいところで敗れ去ったのは忘れられない。

QB:スティーブ・マクネア、RB:エディ・ジョージ、TE:フランク・ワイチェック、OG:マイク・マンチェック、C:ブルース・マシューズ、OT:ブラッド・ホプキンス、WR:デリック・メイスン、DE:ジェボン・カース、LB:キース・バラック、CB:サマリ・ロール....  タレント揃いだったなあw

その後選手のサラリー抑制のために、有力選手を次々と放出し、どん底にまで転がり落ちるのにそう時間はかからなかったw


そのスーパボウルまで勝ち進むまでのプレイオフ・ゲームで、バッファロー・ビルスと対戦し、
絶体絶命のピンチを救った伝説のスーパープレイを紹介する。


Bills at Titans ― January 8, 2000



トリックプレイだが、あの場面で成功させることは容易ではない。

今年も苦戦必死だけど、応援してる♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィッシャー

Author:フィッシャー
競馬伝説Live!:アスコット
馬主会: まんきんたん村 
好きな馬: Dancing Brave
ジジイのきわめて私的なブログ

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。