スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23S1月4週





昨日の競争結果:

「パルスビーツ号」 日経新春杯GII     2400芝   9着

「ラウンドデザイン号」 3才以上500万下 2400芝   1着

パルスビーツは4番人気も撃沈w こんな着もらってくるの久しぶりだなぁ^^;

ラウンドデザインはなんとか接戦を制し、デビュー戦を勝利で飾ることができました。
ここからどこまで伸びてくれるか....あまり大きな期待は禁物 わかってますってw






今日はウチが所属する 「まんきんたん村」の種牡馬を紹介してみます。

「クレハギムレット号」


村の最若手 紅葉さん 生産のロベルト系種牡馬です。
父:タニボギムレットと母:メジロドーベルが共にイベント馬というギャンブル配合です。

クレハギムレット号


競争成績はちょっと悲惨で、なんと8戦して未勝利という輝かしい記録の持ち主。
普通ならちょっと遠慮させてもらいたいタイプの種牡馬なんですが、
「もしかして!」と閃くものが脳裏をよぎり、おっかなびっくりでつけてみました。

スキンタイトと名付けられた産駒は、2才12月の段階で2400芝を2.20.0で
走るではありませんか! その後2勝したあとトライアル、ダービーと出走しましたが、
ダービー以降6戦連続不利枠という不遇もあり、4勝の単なるOP馬となっていますが、

これはいけるかも?!と、次年も懲りずに種付けしました。 するとやはり2才12月の
時点で、2000M芝を 1.55.6 で走るではありませんか!? 
まだ能力も埋まりきっていません。 現3才のダーティマティーニです。

この馬ひょっとすると...と思ったのは、ウチだけではなかったようで、
僚友のやまぴんさんも生産し、OP馬を輩出していました^^


クレハギムレット競争成績


生産者本人に、「この馬良い仔出すねえ~  競争成績からは考えつかないな~」
「調教師が違ってたら、もっと良い成績だっただろうな」と言ってみると、

 「いいの あの仔は競争成績だめでも、種牡馬として成功したフェアリーキングみたいにするの~」と、
訳のわからないことを言ってました^^;


クレハギムレット号現役産駒



少ない生産頭数の割に、これまでのところ好成果な気がします^^


産駒の数少ない頭数から特徴を判断するのは早計ですが、

距離:2000~2400 馬場適正: 芝向きのみ! 能力特徴:瞬発、持続
その他: 早熟系にしては、やや寿命が長い 等でしょうか^^

生産者本人は、あまり生産してないんですが.....

上述の「もしかして!」の意味は、本人の名誉のために控えさせていただきます

早くこの馬の産駒を全体公開種牡馬にしてみたいと願っています^^






オバマ暗殺の恐怖…米初の黒人大統領の夢も危険度UP


アイオワ州の党員集会に勝利した民主党のバラク・オバマ上院議員(46)。
圧倒的な強さを誇るといわれたヒラリー・クリントン上院議員(60)を窮地に追いやり、
米国史上初の黒人大統領の誕生も夢ではなくなってきた。だが、米国と黒人の歴史には、
「暗殺」という暗い過去がある。昨年5月には、シークレット・サービスの護衛がついた
オバマ氏。アイオワ大会で優位に立ったことで、ますます暗殺の危険度が増してきた。   (ZAKZAKより)


「24」では黒人大統領ががんばってたけど、リアルではどうでしょうね~
親日家の大統領ってできないかな~




Moments (a.k.a. Ray, Goodman & Brown) - Baby, Let's Rap Now



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィッシャー

Author:フィッシャー
競馬伝説Live!:アスコット
馬主会: まんきんたん村 
好きな馬: Dancing Brave
ジジイのきわめて私的なブログ

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。