スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17S 総括

 

 幸運、幸運、幸運だった♪  これに尽きる。

 
 自家製産馬が、素晴らしい馬に育ってくれたこと。 
 (リヴゴーシュ嬢に足を向けて寝られない。)


  


ゲームの馬主レベル変更にも助けられた。
レベル8があれよあれよとレベル13だもの^^;


当初の目標は馬主レベルのアップ。つまり初OP勝利を目指していたわけだから、予定以上の成果を上げてしまった。

17S序盤、中央の競馬場でのレースレベルの高さに厚い壁を感じていた。
それでもリヴゴーシュとフィーリィソングはOPで良い戦いをしてくれるだろうとの確信はあった。ただこの2頭どういうわけか調子の波がシンクロしてしまい、同日出走というのが何度もあった。その結果リヴゴーシュは大成功を収め、フィーリィソングは苦渋の道を歩まねばならなかった。 なにしろ騎手が一人しか使い物にならない状況だったから.....
ほんとに申し訳なかったと思うw もっと活躍できたはずなのにね。

シーズンを通して経験できたことの中で満足できるのはクラシック戦線を
シーズンを通して戦えたことだった。(自分ではそう思ってる^^;)

春先は「皐月賞」に目標を定め、5戦目で出走すべく慎重にローテーション組んでいったのだが、すみれ賞で負けてしまい、これが後々大きな影響を及ぼすことになった。
本番の皐月賞の直前に、「調教システムの変更」があり、恥ずかしいことに動揺して、仕上げに失敗。 不本意な仕上げで本番を迎えたことは未だに悔いが残る。更に枠不利も重なり、生涯唯一掲示板にすら載らないという敗走をさせてしまったなあ。
気を取り直して、「宝塚記念」を狙いに定め、皐月賞敗戦後ブリリアントSを勝って本番へというローテーションを組んだのだが、なんと出走除外となってしまう^^; 当時OP2着はあったのだが総賞金が足らないという事態になり、かなり落胆した。
そしてなかばやけくそ気味に路線を切り替え、マーメイドS、ダービーグランプリと出走させると、見事に連勝してくれた。
初OP勝利がマーメイドS(G3)、初G1勝利が翌々週のダート・ダービー(G1)と、一気にユーザーレベルを引き上げる結果となった。騎手も30勝目がG1という嬉しい記録となった。

というわけで 馬の仕上げ調整方法やレース使用スタイルのバリエーションを学べたのは大きな収穫だと思う。



一方17Sに生産した2歳馬はというと、

超早、早熟系を10頭近く生産したが、2才戦でまったく出走体制が整わなかった。 結局2歳デビューできたのはわずか2頭のみという結末になった。 繁殖もダリアから始まっているものや、ダリアを内包しているものが多く、CFをあきらめサウンドマックスに狙いを定め生産してみた。ただやんちゃ期間が短く、すぐにじょじょに→成長ピークになってしまい、この先の成長が心配だ。

フィッシャーファームには、まだまだやんちゃコメを現在でも言われている未知数の2歳が9頭いる^^;
血統もバラエティに富んでおり、もう半年~1年はがまんしなければならないだろう。
ただし枠の関係で何頭か淘汰せねばならない状況にあり、頭を悩ませてる。
(カード買ってパラを見てしまえばいいのだが、なぜか躊躇しているw)

シス繁殖のグロリアスソングという馬から何とか自家製繁殖を作ってゆきたいという誘惑にかられ、10頭以上失敗したのは痛かったw (ほとんどダンシングブレーヴ付けたんだけどw)
この実験というか試みで80億ぐらい散財してしまい、厩舎の財政状況を悪化させてしまった。(これからコツコツとお金をためなきゃw 重要)



シーズン成績が本垢:12月4週時点で、10勝ということは
リヴゴーシュとフィーリィソング2頭で8勝を稼いでいるわけで、もう少し他の馬もがんばらないといけないw


来期でも特に注力したいのは、騎手の育成だ。勝利も欲しいが
ここはがまんして騎手の育成を優先させたい。

資金を増やすことも重要だ。 無駄遣いは控えようw

あとは自家製オリジナル種牡馬もほしいなあ~





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィッシャー

Author:フィッシャー
競馬伝説Live!:アスコット
馬主会: まんきんたん村 
好きな馬: Dancing Brave
ジジイのきわめて私的なブログ

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。