スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31S1月3週




これまでのところ 必死で種付けをしています^^;
前もって考えた配合を...とかではなく、 当てにならない「感?」「気合い?」で 
エイッ! ってなもんです^^ というわけで結果は容易に想像がつきそうですね ^^;


なんだか 生産する際 リファールの血統はちょっとうまくいってないとかHPにありましたねw
気がつくの遅かったわ  ついてないときはなにをやってもダメっすねw

ドンマイ オレw!






↓世の女性陣(特に嫁入り前か?)が関心を持ちそうなニュースなのでは??↓

FDA認可の「まつげが伸びる薬」、女性らが歓迎


まぶたに塗布することでまつげを濃く、長くする薬が、米食品医薬品局(FDA)に認可された。
「お化粧の手間が省ける」という女性や、抗がん剤の副作用でまつげを失ったがん患者らが、
さっそく処方を受けている。

この薬は、米製薬会社アラガンが申請した「ラティス」。
もともと緑内障患者の眼圧を下げる点眼薬として開発された。使用した患者の多くに、
まつげの成長が促進されるという「副作用」がみられたことから、
美容目的での販売が認められることになった。  (CNN Japan)

みんな美人になれますように♪ (大きなお世話っすね^^; スイマセンw)










う~ん ..... なんで自分の音楽観というか嗜好というか、こんなになっちゃったんだろう?と
いつも思い起こすんですが.....

あ~でもない、こうでもないときりがないんですけどね^^

「エルヴィス・イン・ニューヨーク Live」   たぶんこれです^^

小学6年生くらいだったかなあ??? ちとその辺曖昧なんですが、 放課後に友達の家へ
遊びにいっていたんです。 すると友達の”おバアさん!”^^;が音楽を聞かせてくれたんです。
それが ”ELVIS IN NEWYORK”だったんですよ!
(友達のおバアさんがメチャクチャ洗練されてたってことは置いといて....^^;)

南部出身のソウルフルなアイドル歌手の声量と、自分の歌も他人の歌も現代風に
アレンジされた軽快なサウンドとドラマティックな演出に魅せられたんでしょうね^^

「アメリカの祈り(American Trirogy)」, 「サスピシャス・マインド(Suspicious Mind)」、
「好きにならずにいられない(I can't help falling love with you)」 何度聞いた事かw^^
カッコヨカッタなあ~

初めて耳にした「洋楽の世界」 それが戦後復活したエルビスのサウンドだったと^^
かなり強烈な印象を与えられてたんですねえ~^^
モーrタウン・サウンドとの出会い(Jacson5、Supremes、Tenptations、FourTops)はその後です。


Elvis Presley_ an american trilogy



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィッシャー

Author:フィッシャー
競馬伝説Live!:アスコット
馬主会: まんきんたん村 
好きな馬: Dancing Brave
ジジイのきわめて私的なブログ

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。